ショートヘアで失敗!そうならない為の伝え方!

 

こんにちは。下北沢でカットが上手い美容室anandaの北村です!
初めての方やご予約はこちらを⬇︎

profile

 

バッサリ切りたいけど不安…そうならない為のポイントと伝え方!

 

バッサリとショートにしたい!

乾かすのが面倒だから短くしたい。

トップが潰れやすくなったから切ろうかな?

好きな女優さんがショートだから真似したい!

子供が産まれて髪に時間かけれないから切ろう!

 

などなど、ショートにするときはいろんな理由があるとはず!

 

それと同時に悩むのが、

きのこみたいにならないかな…

どんだけ〜というあの方のようにならないかな…

 

といった不安なことがあると、切ることにちゅうちょしてしまう方が多い。

 

そんな時はこんな感じにオーダーしてみてはいかがでしょう!

 

  • ・サイドがモコっと膨らまないように
  • ・中が短く上がかぶってるショート
  • ・2セクションで!

こんな感じで伝えると美容師さんは理解してくれると思います。

特に3番目の伝え方をすると美容師さんは、

「同業者か???」

と不安と同時に気合いが入ります。

(一度言ってみてください。美容師さんの表情が変わるので)

 

間違っても、

ショートボブで!

だけ伝えると、カウンセリングがしっかりやらないサロンだと、皆さんの不安な「キノコヘア」になってしまいます…

私のお客様のママ友が、どこかのサロンでショートにして家に帰ったら、旦那さんが

「キノコみたいだね笑!」

と言ってたみたいです。

 

せっかくのスタイルチェンジで後悔しないためにしっかりと伝えましょう。

 

 

では、私のお客様でのミディアムからショートにバッサリ切ったのを解説していきます。

 

before はこちら↓

 

※実際はものすごいロングだったけど、シャンプー前に粗切りしたのでバラバラです。

 

この長さでショートにする場合、美容師側がカットを理解出来てないとキノコになります。

 

 

モコっと膨らまないように!

シュッとしたショート!

する場合、髪質や毛量にもよりますが、赤ラインの下のカットが重要です。

この赤ラインの下が重すぎたり膨らむことで、上の髪を押し上げて余計膨らませます。

 

 

なので、

 

 

この下のカットが大切です。

 

この赤ラインで上下に分け、下から切ります。

ややレイヤーに近い切り口でタイトに収まるようにカット。

襟足付近は最終的にサイドバランスに影響するので、やや長めに切ります。

 

この下の部分のカットは「計算」が必要です。

 

 

そして赤ラインの上部分をカットしますが、今回は前髪が長めが希望だったのと、自然に後ろに流れてほしかったのでフロントから切ります。

 

「落ちる位置」

を見極めてカットしてるので、私のカットはコーミングが多い時があります。

ですがお客様似合うバランスを、骨格や髪質で判断してるのでコーミングは多いけどカットは速いです。

「必要な部分に必要な技術」

しかしてないのでとにかく速いです。

 

ウエットカットが終了した状態。

 

まだほとんどセニングしてないのに、下の髪を短く切ったことでタイトになり耳にかけやすい!

 

 

そしてハンドドライ。↓

 

下をタイトに切ってる為すでに丸みが綺麗で外国人のような骨格になってます。

この奥行き感が凄く大切!

後は必要な部分だけ量感調整。

 

そして仕上げで大事件!!!

この長さの場合、25mmのアイロンが使いやすいですが、まさかの不具合が…

 

 

もう少し動きが欲しかったが、でもカットだけでも綺麗な柔らかいショートになりました。

カットだけで綺麗な柔らかい感じにするには、カットにこだわってるからです☺︎

 

 

このお客様は黒髪ですが、

カラーはもちろん、パーマスタイルも出来るスタイルです。

ぜひ試してみてください。

 

 

やり過ぎないちょっとオシャレな髪型はお任せください。

 

※新年からネット予約出来るのでそれまではこちらに↓


ご予約やご相談は⬇︎こちらの公式アカウントまで!24時間365日いつでもお気軽にどうぞ!

 

友だち追加