0%の可能性を1%上げただけで、目標と行動が変わってくる。あとは自分次第。

こんにちは。下北沢でカットが上手い美容室anandaの北村です!
初めての方やご予約はこちらを⬇︎

profile

 

 

足踏みして靴底減らすなら、私は歩きだして減らしたい

 

 

 

記録として書き綴る。

 

 

先日のブログでも書いたが、ちょっとした小さな行動で、出会いたかった人にお会い出来るようになった。さらに学ばせてもらうまで話が進んでる。

自身が40歳を超え、「師匠」が出来るとは思っても考えてもみなかった。

 

美容師の世界では学べない部分を師匠から学ばせて頂く事で、私のところに学びに来てる人にアウトプットが出来る。

やはり自身が成長しない事には話にならない。

幸い2019年度のアカデミーは問い合わせが多く、たくさんの方とレッスンさせて頂ける事に。

スタートした時とたった1年でここまで需要と変化があるとは私自身が思ってもみなかった。

戸惑いがあるが必要とされてる事に感謝しかありません。

 

2018年は、数回の指導でコンテストでの受講者が3名。

私自身の力ではなく、受講者の「目標」と「行動」が結果に繋がったんだと感じてる。

こういった部分でも学ばせて頂いた。

 

 

師匠に出会い、たった2時間お話しただけで大小はあるけど、目標が3つ出来た。

視野を美容師の中だけじゃなく外に向けただけで、目標が出来たが、正直達成出来るかわからない目標もある。

けど、0%じゃなく、たった1%近づいた。

何年かかるかわからないし達成出来るかわからないけど、今まで足踏み状態だった事が、小さな一歩を踏み出せた。

そして歩き続けたらまた何か見えてくるだろう。

 

 

 

仕事と関係なく小さな目標は、

息子と2人でヨーロッパに行く!

まずは旅行で二人旅。

息子に

「パパとヨーロッパ行こうか?」

と聞いてみたら、

「うん!行く!そこ行く!」

と、「さんまさんと女性芸人の旅行番組」をテレビで見ながら息子は応えてたので、きっとヨーロッパを勘違いしてるだろう。

 

こういう事が息子と約束出来るのは、行動あってのこと。

2019年度の上半期のスケジュールが埋まってる為、気持ち的に余裕があるのでいろんな事に目を向けれる。

近々下半期、そして2020年に目を向けたい。

 

 

こういった事を書くと賛否両論だと思うが、やはり「ビジネス思考」というのが多少なり誰にでも必要な気がする。働いてるなら尚更。

 

師匠から聞かされたように、日本とアメリカは「ビジネス思考」が強い。

ヨーロッパは「ビジネス思考」と「アーティスティック思考」の両方がある。

私は後者向きだと実感してる。

「ビジネス思考」だけだと、よっぽど凄い方じゃない限り成功は難しいと思う。

 

自分に置き換えると、

師匠から学んだり、自身の作品撮りなどが「アーティスティック思考」

アカデミー開催や個別レッスンなどを行うことが「ビジネス思考」なんだと思う。

すぐ目の前にある単発な小さな結果が欲しい訳でなく、先行投資をし長いビジネスプランを考えている。

 

 

全ては「自身の成長」と応援してくれてる「家族」の為

これだと思う。

シンプルだけどこれが原動力。

サロンワークと違い、その他の活動についてはこれが理由でやっている。

時代を捉え立ち止まらず、さらに根性論では成長が無いので、バランス良くアクション起こしたい。

 

小さな一歩でも前に進みたい。